Travel diary Artist-in-residence

Anagama de BIZEN 10

フランスより

5月26日(日) 晴

初めての晴日、暖かくて気分がよい。
今日の作業は、コンクリで土台をならして煉瓦で土台を組んでいくという作業。
窯の上屋根グループ(江見ちゃんと松尾さんは)ずっと足場の上で、小屋の補強をしていました。
江見ちゃんはサーファーであり庭師であるので、バランス感覚がいいのか、昨日は縦の棒に
足を引っ掛けて、釘を打っていました。さすがの木登り名人です。

午後は古い煉瓦のモルタルを削るケレンという作業をしていました。
今日は暖かくなって晴れてきたからか、意外と見学者が多くなんだかんだとお話。
一人、パンさんという陶芸家の方が備前の事をもっと知りたいから備前に来たいという話。
そんな方が増えていくと、備前の名前がどんどん広がっていくんだろうな、
ちょっとこのプロジェクトをする意味が実感できた瞬間でした。

そして、夜の食事は肉とアーティチョーク肉もおいしかったですけど、初のアーティチョーク不思議なおいしい味でした。
ホクホクしていて、かむと味があって、お芋と野菜のアイの子のような。ゆでてバルサミコ酢とマスタードです。

明日は自分たちのプロジェクトのレセプションパーティー、こちらの町長さんや知事さんやEUのえらい方々が来られるので
飲みすぎないように、気を付けないと!!

-Travel diary, Artist-in-residence

© 2021 森大雅 all rights reserved.