Travel diary Artist-in-residence

Anagama de BIZEN 34

フランスより
7月1日

夜中にOHKの取材の方が日本から来られました、
二個電車を乗り過ごしてしまって夜中の3時ころ屋根裏部屋に到着
うーん疲れただろうな~

朝は、明日来客がすごい沢山の人数という話でしたので。
窯の前にテントを立てていました。
貴賓席のようです。

今日はもう朝から窯の中の色が違います。
温度が高くて、昼過ぎには1000度を見ました。
昼の二時からは前岡山に泊まりに来られていた陶芸家のクリスティーンが
窯焚の助っ人で来ていただいて、交代しました、
来客が多い日で、観光客やら、フランスの記録写真の方やら
地元陶芸家の方々やら、みなさん興味津々です。

夕方から、エピ作り。

今、エコミュゼではエピ(フランスの屋根瓦のトップ)の展示会をここの博物館
でしています。
せっかくエコミュゼでしていただいているので、ここと関係のある作品ということで

作ったエピを窯の屋根にのせてみたり。

-Travel diary, Artist-in-residence

© 2021 森大雅 all rights reserved.