Travel diary Artist-in-residence

Anagama de BIZEN 4

フランスより

5月20日(月) 雨のち曇り 14度

本日からプリニーのエコミュゼに向かいます。

パリオースターリッツの駅では的野さんの友達の、ダンサーであり陶芸家という異色の芸術家日玉さんと合流しました。
一度、岡山に家族で来られてメンバーに会って、ウチに泊まってもらったりしているので、
みんなお久しぶりだね~という和気藹々としたムードでした。
この方は、今回のフランス語ができないメンバーにとってはキーパーソンで、
翻訳をお手伝いしていただいている方なのです。

8名でパリを出て、リモージュ行きの電車の3時間
リモージュの手前の駅ラストレーヌ駅に到着
エコミュゼのピエール館長や、先日ウチに泊まりに来られた、
クリステーンさんが、車で出迎えに来ていただきました。
エコミュゼまではさらに1時間と少し。長い道のりです。

エコミュゼに着いてからは簡単な施設の説明など、
実際に焚く薪(ダグラスモミの木)などを見て確認。

そして、実際にこれから2か月半泊まる場所を見て、ベットの奪い合い!?
実際は、一階が年長者。あと2階がその他メンバーでじゃんけん割り振りになっています。

あとは、各自用意していただいた、食糧をパンなど焼いて食べてみました。
陶芸家ならではの展開として、これではどんぶりが足らないから
まず、どんぶり作って電気窯で焼こうかという話になったりしました。

明日は藤森君がどんぶりを作る係りになりそうです。
初めて、備前焼作家仲間に作品を発注しました。まあ、備前焼ではないですけどね。
釉薬もふんだんにあるので、何かつけちゃおうかな~とか盛り上がりますが
メインの仕事は窯作りですよね。

明日も無事故でうまくいきますように。

フランスのエコミュゼのHP
今回のプロジェクトの事が載っています。
Tuilerie de Pouligny
http://www.tuilerie-pouligny.com/

-Travel diary, Artist-in-residence

© 2021 森大雅 all rights reserved.